acoustune(アコースチューン)
弦のうねりまで捉える解像度と、
ライブ感にリアリティを与える音場感、
アコースチューン HSシリーズ
弦のうねりまで捉える解像度と、
ライブ感にリアリティを与える音場感、
アコースチューン HSシリーズ
日本ディックスが持つ高音質音響部品や高信頼性医療用部材のノウハウを投入したミリンクスドライバーを採用。従来のダイナミック型ドライバーにありがちな「音がこもりがち」「解像度が低い」といった欠点を一掃し、本来の特徴である「再生帯域の広さ」「音場感」を拡張した高解像度ダイナミック型イヤホンです。
acoustune(アコースチューン)
HS10シリーズ製品特徴
acoustune(アコースチューン)
  • ミリンクス振動板の特徴である再生周波数全域に渡る高い分解能と音圧、横方向への音場の広がりを最適化するチャンバー形状やチューニング技術を含む統合音質マネージメント、リバーブドライバーテクノロジーを採用。
  • 4芯布巻ケーブル、L型金メッキΦ3.5プラグ、100%アルミCNC切削ハウジングで軽量化と高い強度を実現。
  • ケーブル仕様はツイスト3芯から布巻き4芯へ変更しバランス化への対応、柔らかさや分岐後のケーブル長も最適化しました。スライダーは脱落防止形状へ変更済み。
  • 外装面では、現行アルミ100%CNC切削のシェルデザインと、高い装着性はそのままに、シェルキャップ部に更に丸みをもたせ、且つアルマイト処理の仕上げとしました。
HS15シリーズ製品特徴
acoustune(アコースチューン)
  • HS15シリーズは、チューニングから、本来ミリンクス振動板がもつ優れた高音域特性を解像度を落とさずに伸長しました。
  • これまでのミリンクス振動膜を更に薄膜化、ドライバー構造の最適化と合わせて、解像度アップ、音場の拡大、ノイズ低下を実現した第3世代ミリンクスドライバー採用。
  • 音響チャンバー部(反響室)と機構ハウジング部(MMCXコネクター)を完全分離したモジュラー構造、使用時や取扱時の音響部への干渉低下、強度や修理性が向上。
acoustune(アコースチューン)
  • チャンバー部にダンパーロッドを追加、異形材による共振の低下を実現。
  • MMCXリケーブルに対応、日系オーディオケーブル専業メーカーとの共同開発で極細線OFCワイヤーを並行型に編組し、導体抵抗値を抑えました。周波数全域でのノイズ感低減とオーディオ信号伝達ロスの低下により、標準ケーブルとして癖のないクリアな音響伝達を目指しました。 本モデルより、芯線数114本や抵導体抵抗値はそのままに大幅に柔軟性を向上した仕様となります。
  • 本モデルは日本生産です。
acoustune(アコースチューン)
アコースチューン アクセサリ
アコースチューン社
アコースチューン社は2013年香港で創業。 ダイナミック型イヤホン等、ポータブルオーディオ機器開発専業のベンチャー企業です。設計は日本、開発は香港、生産は主に中国をベースにした国際分業体制で運営されています。日本ディックスでは同社との開発業務提携及び日本総輸入代理店業務に携わっています。 [公式サイト] http://acoustune.com/