Pentaconn(ペンタコン)
5つの極と端子がもたらす究極の接続性能が、ヘッドホン用プラグ・ジャックの歴史を変える。
5つの極と端子がもたらす究極の接続性能が、ヘッドホン用プラグ・ジャックの歴史を変える。
Pentaconn(ペンタコン)
Pentaconn(ペンタコン)
JEITA規格 RC-8141C
「ヘッドホン用バランス接続コネクタ」
ペンタコン
JEITA規格 RC-8141C

「ヘッドホン用バランス接続コネクタ」、

ペンタコン。
開発から設計、生産まで日本ディックスが手がけた「Pentaconn」。「Penta」は5を表し、「conn」はコネクターを意味しています。JEITAの新しい規格で、プラグとジャックそれぞれに、5つの極と端子を備えた高品質のコネクターセット。
音の解像度・広がり・奥行きを余すところなく表現します。
Pentaconn(ペンタコン)
Pentaconn(ペンタコン)図
プラグ特徴
  • プラグ5極の各接点部から各極ケーブル半田付け部までの長さと断面積を調整し、各極の抵抗値が均一でバランスが取れています。
  • 各端子の金メッキの下地メッキは、Niメッキか非磁性体の硬質合金メッキから選択可能です。
  • 金属部の素材には標準品として黄銅を使用。無酸素銅を使用する超高音質タイプも選択可能です。
  • ※ヘッドホン用バランス接続コネクタ(JEITA規格 RC-8141C)
Pentaconn(ペンタコン)図
ジャック特徴
コンタクト(信号用5端子)
  • 導体抵抗値が極めて低く、バネ性の高い(挿抜耐久性向上)
    特殊銅合金を使用しています。
  • 1極当たり2接点を持つ構造(5極全て)により、
    抵抗値を安定的に低減させています。
  • 金メッキの下地メッキに非磁性体で構成された
    硬質合金メッキを使用し、高音質を実現しました。
  • 基板の半田箇所までの距離を全端子で合わせ、
    各極の抵抗値が均一でバランスが取れています。
スイッチ端子
  • 信号用5端子から独立別回路で構成され、音声信号(音質)への
    影響を与えない構造になっています。
  • プラグ挿入の際、プラグ側5極がジャック側の信号用5端子に
    それぞれ接触した後、最後にスイッチOFFになる構造です。
Pentaconn(ペンタコン)
当社、設計開発したバランスヘッドホンジャック「Pentaconn」をご採用戴いたお客様です。
【ご注意ください】
JEITA規格 RC-8141C「ヘッドホン用バランス接続コネクタ」、及び “Pentaconn”の模造品が出回っております。詳しくはこちら